MSX 1983 SCREEN2+SPRITE EDITOR (Java1.1 Applet)

日和山Java研究所 最終更新 2008.07.18
このページのJavaアプレットはJava1.1以降で動作します。(Macでも動きます。)


更新履歴
2008.07.18 文字色と背景色のカラー入れ替え機能追加 (16進数データの上をクリック)
2008.07.14 スーパーインポーズ機能搭載。透明 (0番) でビル・ゲイツ (1983年頃) が!?
2008.07.01 パレットセットを1〜4キーで切り替えるようにしてみました。(微妙に色が違う…)
2008.06.30 Sキーを押しながらキャンバスをクリックすると、カラーを拾うようにしました。
2008.06.29 キャンバスの使い勝手が悪かったので、簡易なMASK機能追加 (デバッグ中)
2008.06.28 ついに! SCREEN2 (スプライト合成) 編集ツールが出来ました! ヽ(‘ ∇‘ )ノ

不具合・バグ
キャンバスに描いてみると、思ったより使えない (背景色の黒固定アルゴリズムを見直し中)
MASK機能の挙動がおかしい


SCREEN2+SPRITE EDITOR (暫定マニュアル) ※画像をクリックすると起動します。
※URL・画像は、他のサイトやブログに貼ってもOKです。(作画した本人の自由とします。)
※サーバ側では、MSXのVRAMと同じ形式で管理してます。後でダウンロードして
 ヘッダー付加ツールを使えば、VRAMのBLOADを使って実機でも表示可能です。

起動すると保存用のダイアログが出ます。HN等の英字を入れてOKを押す。(忘れないように…)
※このダイアログで入れたファイルネームを覚えていると、何度でも加筆・修正が可能です。
(1)でPCGを選択して、(5)でドット打ち・カラー変更ができます。(以前公開したツールと同じです。)
(3)で作成したスプライトを、(2)へドラッグ&ドロップができます。(不要になったら右のゴミ箱へ)
(4)は、ペンで描く為のキャンバスです。(ペンの太さは左のPEN=[13579]で変更ができます。)
セーブ&終了の場合はSAVE&QUITをクリック。スクリーンショットを撮りたい場合は[x2]をクリック
(1)or(3)のいずれか選択をして、CTRL+CとCTRL+Vで16x16単位のコピー&ペーストができます。
※キャンバスは背景色固定(黒1番)のアルゴリズムとなってます。 (暫定仕様・要改良)

※18禁絵を描く利用でも特に制限を致しません。(pixivのR-18タグへ掲載なら問題無しです。)
http://www.pixiv.net/tags.php?tag=SCREEN2

(C)1997-2010 HIYORIYAMA ALL RIGHTS RESERVED.